カウンセリング

遠隔カウンセリング(電話/Zoom/Skypeカウンセリング)の概要

@はあと・くりにっくの遠隔カウンセリングは

  • 「いのちの電話」のような無料のホットラインではありません
  • カウンセリングをする時間をご予約いただき、クライアント様の担当カウンセラーが対応させていただく、有料のカウンセリングです。
  • 電話、Zoom(⇒Zoomとは。Skypeは通信品質上カウンセリングに支障が多いのでお勧めしていません)を通信手段にしてカウンセリングを行います。
  • 電話、Zoomを用いる点以外は、基本的に面接と同じ考え方と構造で行うカウンセリングです。
  • ご夫婦のケースについては、こちらをご覧ください。

一般の対面式のカウンセリングと同じく、遠隔カウンセリングもクライアント様に解決策を提案・提供するものではありません。 カウンセラーはクライアント様が問題を解決する支援を行います。

メリットと制約

メリット
  • 電話/PC/スマートフォンがあればご利用いただけます
  • カウンセリングルームにお越しいただく必要がありません
    • 全国どこからでも@はあと・くりにっくの提供するカウンセリングを受けることができます
    • 交通費や移動時間がかかりません
  • 家を離れられない方(乳児がいて、簡単に家を空けられない等)にもご利用いただけます
    • お子さんが泣いてしまわれたり、カウンセリングに入ってこられてカウンセリングがうまくいかないケースもありましたので、その辺のご対応をご検討ください。
  • 遠隔カウンセリングから、面接によるカウンセリングに変更することも可能です。
    • 特別な事情がない限りは、面接と遠隔カウンセリングを適宜使い分ける方法でのカウンセリングはお受けしません。
制約
  • 面接形式のカウンセリングでは、カウンセラーはクライアント様の思考・行動・感情の3つのチャネルから情報を得、またアプローチしますが、遠隔カウンセリングでは、通信手段の特性上、アプローチが思考に偏りますので、1チャンネル+α 程度の情報量でカウンセリングをすることになります。それが遠隔カウンセリングの制約になります。
  • そのためケースバイケースではありますが、大枠では、面接ほどのカウンセリングのクオリティを出すのは困難だとお考え下さい。そのため、面接においでいただける方には、面接においでいただくことを強くお勧めしております。
 ご利用いただけるご相談内容

基本的に、面接のカウンセリングでお受けするご相談内容はお受けできます。

特に、海外や地方に赴任されている方や、とにかく日本語で人に話を聴いてもらいたい、という方のご利用がございます。

ご利用いただけない方

  • 自分自身の衝動を抑えることが困難な方、自殺企図のある方はご利用いただくことができません
    • @はあと・くりにっくの電話/Skypeカウンセリングは「いのちの電話」等のホットラインとは異なります
  • 電話/Skypeカウンセリングは、原則として精神科、神経科、心療内科等の医療機関へ通院・投薬中の方はご利用いただけません
    • ただし、紹介状を発行していただける場合はお受けすることも可能です
  • どのようなかたちであれ、他でカウンセリングをお受けになっている方は、並行してお受けいただくことはできません
  • 電話/Skypeによる「カップル(夫婦)カウンセリング」はできません(内容がカップル(夫婦)に関する問題のご相談はお受けできます)
  • お名前、ご連絡先、ご利用いただく電話番号、またはSkype名等の最小限の情報を開示していただけない方
考慮していただきたいこと
  • 遠隔カウンセリングは、通信が安定せず会話がとぎれとぎれになり、カウンセリングに影響が出る場合があることをご了解の上、ご利用ください。

頻度、継続について

  • 通常のカウンセリングと同様、カウンセリングを継続することも可能です
  • 一回のみのご利用も可能です

お約束ごとと注意事項

電話/Skypeカウンセリングの「お約束」をご覧ください。 特に「ご相談をお受けできない場合」及び「同意していただく事項」にご注意ください。

お申込方法

電話/Skypeカウンセリングお申込フォームからお申込ください。 お電話によるご予約の場合は、受付(03-3797-6822)までお願いします。