カウンセリング

女性と夫婦のためのカウンセリングTOP >  Q&A >  2.ご相談可能な内容

虐待の問題がある場合

Q
主人の浮気で、離婚の危機にあります。 主人は小さいころ両親が離婚し、引き取られた父親からひどい虐待を受けて育ってきました。 愛情を全く受けずに育った背景が、このような事態になったのかとも思われ、少し複雑な状況です。 このような場合も、カウンセリングが有効でしょうか? 虐待などの専門のカウンセリングを受けた方がいいでしょうか?
A
まず一般論としていえるのは、有効というのがどういうことを意味しているのかによると思います。 どういうカウンセリングであれ、それが心理学的に見て妥当なものであれば、一方の希望によって相手方をカウンセリングすることによって浮気を直したり離婚の危機を回避するという効果を謳うことはないだろうと思います。 もし、ご主人が自分の浮気癖を変え「たい」とか、離婚の危機を正面から向き合って離婚を回避「したい」ならもちろんそれはカウンセリングの対象になります。 まず、質問者さんは何を望まれているのでしょうか? もしご主人を「変える」ことなら、それがいかに「正しい」方向に変えることであっても、道は険しいと思います。 ご主人自身が変わりたいのなら、虐待を専門とするカウンセリングを受けるのも一つだとは思います(カウンセラーに一般的な能力があれば虐待専門である必要はありません)。 ただ、被虐待者のケアはなかなか大変なので一般的にいえば、数カ月や半年というような時間で考えることは難しいと思います。 質問者さんが離婚の危機のことを考えたくてカウンセリングを受けられるのなら、虐待ではなくて夫婦の問題ということになると思います(上記と同じで、夫婦専門でなくてもそれなりに能力があるカウンセラーであれば扱えると思います)。

PAGE TOP

夫がうつ病でもカップルカウンセリングを受けられますか?

Q
カップルカウンセリングを受けたいと思っておりますが、夫はうつ病で病院に通院中であり、受けることが可能なのか、それとも私のみでも受けるほうがよいのか、迷っております。 夫は受けることには了承しています。
A
旦那様がうつ病で通院中ということですが、通院中であってもカウンセリングはお受けいたします。 ただ、主治医の先生にカウンセリングをお受けになることをお伝えいただくようお願いしております。 また、お二人ともカウンセリングに対し前向きに考えてらっしゃるということでしたら、初めからカップルカウンセリングにされることをお勧めいたします。

PAGE TOP

適応障害と診断されても受けられるか?

Q
適応障害と診断されても、カウンセリングは受けられますか?
A
はい。お受けいたします。(ただし、担当医の先生の了解を得てください)

PAGE TOP

Reservation