カウンセリング

女性と夫婦のためのカウンセリングTOP >  Q&A >  2.ご相談可能な内容

虐待の問題がある場合

Q
主人の浮気で、離婚の危機にあります。 主人は小さいころ両親が離婚し、引き取られた父親からひどい虐待を受けて育ってきました。 愛情を全く受けずに育った背景が、このような事態になったのかとも思われ、少し複雑な状況です。 このような場合も、カウンセリングが有効でしょうか? 虐待などの専門のカウンセリングを受けた方がいいでしょうか?
A
カウンセリングのゴールをどこに設定するかによります。
ご主人が過去の虐待のことを解決したい(現在への影響を解決したい)、ということでしたら、虐待専門のカウンセリングは一つの選択だと思います。虐待専門にされていなくてもある程度以上の力があるカウンセラーであれば適切な対応ができることが多いと思います。
一方、ご夫婦の問題の解決の方がより優先順位が高いということでしたら、虐待専門のカウンセリングは方向性が違うかもしれません。仮に、ご主人のそうした背景が浮気につながったのだとしても、その背景の問題が解決することと、ご夫婦の間に現にある問題が解決することは別のことです。現にある問題の解決には、浮気をされたということは、今後、単に浮気をしなければ解決という話にはならないはずです。浮気されたことによる心の傷の治癒や、そういうことが起こらないと信じられる新しい関係性の構築も必要です。場合によっては、離婚という判断をすることの方が望ましい場合もあり得ますが、そのための頭の整理も必要です。
虐待を先に扱うことは可能だとは思いますが、虐待の問題を扱うのには一般に時間がかかるのに対して、夫婦の問題は必ずしもそんなに時間的な余裕がありません。そのため両方扱うにしても、夫婦の問題を先に扱った方がよいと思われます。また、虐待の問題を今まで対処してこられなかったのだとしたら、その問題を解決するモチベーションが低いことが考えられます。もしご夫婦の問題の背景に虐待の問題があってご夫婦の問題を解決するモチベーションがあるのであれば、ご夫婦の問題に取り組むことを通じて虐待の問題に取り組むモチベーションが生じるということもあり得ます。
以上のようなことから、まずは喫緊の問題であるご夫婦のカウンセリングを先にすることの方がよいのではなかと考えられます。

PAGE TOP

夫がうつ病でもカップルカウンセリングを受けられますか?

Q
カップルカウンセリングを受けたいと思っておりますが、夫はうつ病で病院に通院中であり、受けることが可能なのか、それとも私のみでも受けるほうがよいのか、迷っております。 夫は受けることには了承しています。
A
旦那様がうつ病で通院中ということですが、通院中であってもカウンセリングはお受けいたします。 ただ、主治医の先生にカウンセリングをお受けになることをお伝えいただくようお願いしております。 また、お二人ともカウンセリングに対し前向きに考えてらっしゃるということでしたら、初めからカップルカウンセリングにされることをお勧めいたします。

PAGE TOP

適応障害と診断されても受けられるか?

Q
適応障害と診断されても、カウンセリングは受けられますか?
A
はい。お受けいたします。(ただし、担当医の先生の了解を得てください)

PAGE TOP

夫の風俗をやめてもらうためのカウンセリングは受けることができるか?その場合、どのカウンセラーが対応しているのか

Q
夫の風俗をやめてもらうためのカウンセリングは受けることができますか?その場合、どなたのカウンセラーの方にお願いするのが良いでしょうか。
A
ご夫婦のカウンセリングという理解でよろしければ、ご主人も(どのようなお気持ちかは別にして)、一緒においでいただけるのであればカウンセリングは可能です。ただ、当然カウンセリングの目標を一方的に「風俗をやめること」と設定することはできないので(それだとカウンセリングというより説教となってしまうため)、ご主人のお気持ちや目標は「ご主人に風俗をやめてほしい」ということでスタートすることになると思います。ご主人にはご主人の目標があるだろうと思いますので、その違いをお話ししていくことになるかと思います。まどろっこしいと思われるかもしれませんが、目標が一致すれば大半の問題は解決しますので、それが早道だと私どもは考えております。また、私どものカウンセラー誰でもよいと思いますが、強いていえば、西澤か池田がよろしいかと思います。

PAGE TOP