カウンセリング

メールカウンセリングの概要

@はあと・くりにっくのメールカウンセリングは

カウンセラーとのメールのやりとりを通じて、問題の本質的な理解と解決を図るカウンセリングです。

一般の対面式のカウンセリングがそうであるように、メールカウンセリングもクライアント様の問題の解決(策)を提供するものではありません。

カウンセラーはクライアント様が問題を解決するための支援を行います。 答えを出すのも、解決するも、あくまでクライアント様です。 カウンセラーは臨床心理学的な理論や技法によってクライアント様が自分で問題を発見し、解決するための手助けを行います。

なぜこのようなやり方をとるかといえば、『人は自分のことを決定する権利があり、そうするべきである』という哲学的な思想と、カウンセラーがhow toを伝授するよりもクライアント様が自ら見つけることを支援する方が現実的には解決が早いという経験的な事実に基づいています。

ご利用いただける方

具体的なご相談内容としては、

  • 通える範囲に良いカウンセラーが見当たらない方
  • カウンセリングに通う時間が工面できない方
  • いきなり面接をするには躊躇がある方
  • パソコンによるメールの使用が可能な方*1

にはメールカウンセリングをお勧めします。

ただし、ご自身の衝動を抑えることのできる精神的に健康な方に限ります。

カウンセリングの方法
  • カウンセリングはクライアント様とカウンセラーの間でパソコンの電子メールのやりとりをすることで行います
  • 通常、中4日以内に返信いたします。中7日を超える場合は、ご連絡いたします
  • メールカウンセリングはメールカウンセリングゆえの難しさもありますのでよくご理解の上ご利用ください
  • それ以外は基本的には面接と同じです

質問紙について

メールだけのやりとりから得られる情報はどうしても主観的になりがちです。 それはそれで重要なものなのですが、より適切なカウンセリングを行うためにはクライアント様の客観的な情報を得ることも必要です。 そのため、@はあと・くりにっくのメールカウンセリングでは質問紙検査(一種の心理検査)を取り入れています。

質問紙への回答は任意となりますが、できる限りご返答ください。

お申込方法

メールカウンセリングお申込フォームからお申込ください。

その他のご不明の点は、受付にメールでお問い合わせください。

*1 メールカウンセリングではメールのやりとりの中で、クライアント様からいただいたメールの文章に対するコメントをしていく形式になります。 前のメールにどんどん文章が割り込みで入っていくかたちになるため、画面が狭い携帯のメールだと実質上困難なため、パソコンのメールに限らせていただいております。

Reservation