カウンセリング

女性と夫婦のためのカウンセリングTOP >  Zoomカウンセリングのお約束

Zoomカウンセリングのお約束

カウンセリングの前に

カウンセリングとは

人は誰でも自分の問題を解決する能力があります。しかし、人それぞれ考え方や感じ方、問題解決のスタイルに「くせ」があるため、ご自身や当事者だけで考えていると堂々巡りに陥ったり、問題解決の手がかりを見落とすことが多いのも事実です。

カウンセリングは、臨床心理学(精神医学等の関連分野を含む)に基づいて、現状の見立てや必要な知識、心理技法の提供を通じて、もつれている糸をほぐし、見落としていた道を見つけるプロセスをお手伝いするサービスです。

ご夫婦(カップル)のご相談の場合、どちらかの味方になったり、どちらかを説得することはありません。

Zoomカウンセリングとは

@はあと・くりにっくのZoomカウンセリングは、

  • Zoomを通じて行うカウンセリングで、面接と同じ枠組み・同じ考え方で行います(「いのちの電話」等のホットラインとは異なります)。
  • クライアント様がご自分で問題を発見し、解決に向かうための手助けを行うサービスです。
  • 必要に応じてアドバイスやクライアント様がどういう状態に陥っているかなどの理論的なご説明はいたしますが、答えを出すのも、解決するのもあくまでクライアント様です。
    問題を解決する魔法のような解決策を提供したり、ご本人に代わって問題の解決を請け負うサービスではありません。

スタッフが守るルール ~倫理~

スタッフは、(財)日本臨床心理士資格認定協会が定める「臨床心理士倫理綱領」及び当社のルールに従います。
規定集は待合室に常備しておりますので、ご自由にご覧ください。

守秘義務

スタッフは職務上知ったクライアント様のプライバシーを社外に漏らすことはありません。
法令や倫理規定に別途規定がある場合、クライアント様のご了解を得ている場合などはこの限りではありません。

詳細は別途文書またはWebをご覧ください。

私的関係の禁止

スタッフは職務上出会ったクライアント様と個人的な関係を持つことはありません。それはカウンセリングを終結された後も適用されます。

Zoomカウンセリング特有のルール
  • Zoomを使用できる環境があること(パソコン、マイク、カメラ、スピーカー)
  • 通信回線に不備がないこと(スマートフォンはお勧めしておりません)
  • カウンセリングを受ける方だけがいる環境を作れる方(カフェや家族が部屋にいたり、自由に入れる場合はお受けできません)
  • 料金が前払いになります
  • 事前に面接のお約束を読んで了解していただけること

上記以外は、通常のカウンセリングと同一です。

~お願い~

精神科・神経科・心療内科等で受診・投薬中の方は、念のため担当医師にカウンセリングをお受けになることをお伝えください。
より適切な対応をするため、医師からのご紹介か否かにかかわらず、担当医師とコンタクトをとる場合があります。お嫌な場合はあらかじめお申し付けください。

カウンセリング後、一時的に通常よりも注意力が低下する場合があります。カウンセリング後にお車を運転される方は特にご注意ください。

サービスの性質上、他のカウンセリングと並行してお受けいただくことはご遠慮ください。カウンセリングにはさまざまなアプローチや方法があります。複数のカウンセリングを同時にお受けになると、カウンセラーごとに違うアプローチになり、かえって混乱を招いてしまうことがあります。

カウンセリングをお受けできない場合

[以下に該当される場合は、カウンセリングをお受けすることができません]

  • 故意にスタッフへ身体的な接触をされた場合や、器物に暴力行為を行われた場合。
  • 自殺・自傷・他害をしない、緊急時にはご自身で最低限の対応をする等の自己管理をお約束いただけない場合。
  • アルコールや薬物等の影響で有意義な面接が困難な場合。
  • 守秘義務及びその他の倫理規定を厳守した上で、事例検討・学会発表・論文作成が行われることをご了解いただけない場合(事例検討以外は事前に拒否のご意向をお伝えいただければ行いません)。
  • 弊社が了承していない未払金がある場合やルール上または現実的に対応しかねることを要求した場合。
  • 当所では十分な対応ができないと考えられる場合や、信頼関係が得られないと考えられる場合など、カウンセラーの判断でカウンセリングをお受けしない場合があることをご了解いただけない場合。

※カウンセリングをお受けしない場合でも、クライアント様に責任がある場合は、ご予約どおりの面接料金を申し受けます。

Zoomカウンセリング受託のガイドライン

Zoomカウンセリングは一般の対面式のカウンセリングと比べると敷居が低く感じられるかもしれませんが、カウンセリングであるという点に違いはありませんので、万一の事故やクライアント様への不利益を防ぐために、ケース受託に当たって以下のガイドラインを設けております。

ご相談をお受けできない場合(Zoom/電話カウンセリングにのみ適用されるもの)
  • 過去1年以内に、精神科、心療内科、精神科等に通院・入院されていらした方
    • 主治医の承諾がある場合はお受けできる場合もあります
  • 通院の有無にかかわらず精神疾患がある方、その可能性があると担当カウンセラーが判断した方
  • リストカット、自傷行為のご経験がある方
  • 現在、他のカウンセリング(過去3か月以内にいのちの電話等のホットラインを利用された場合を含む)を受けている方
  • お名前、ご連絡先等の最低限の情報を開示していただけない場合
同意していただく事項

Zoomカウンセリングにお申込の場合、以下の事項に同意いただいたものとみなします。 同意いただけない場合はお申込をご遠慮ください。

  • ご予約の枠よりも早くカウンセリングが終了しても料金は変わらないこと
  • ご予約時間は原則として延長されないこと。 延長になった場合は、当日延長料金を申し受けること
  • 守秘義務に十分配慮した上でケース検討が行われること
  • 自殺・自傷・他害をしない、緊急時にはご自身で最低限の自己管理をすること
  • カウンセラーが、面接の必要があると判断した場合は、信頼できるカウンセラーに面接を受けること(@はあと・くりにっく以外でも結構です)
  • カウンセラーが医療機関の受診が必要と判断した場合は受診すること

カウンセリングが始まったら

カウンセラーといえどもクライアント様の心の動きすべてがわかるわけではありません。できる限りご要望に沿ってカウンセリングを行いたいと考えておりますので、ご希望や疑問、ご不満、違和感などありましたら、セッションの中でカウンセラーにお話しください。

カウンセリング後、状況や気持ちがすぐに改善される方もいらっしゃいますが、一時的に落ち込んでしまう方もいらっしゃいます。こうしたお気持ちの変化はカウンセリングを進める上で重要な情報ですので、状況やお気持ちを次の面接でカウンセラーにお伝えください。

落ち込んだり、事態が悪化したと感じるのは、今まで意識しないできた問題の核心に直面したことで起こる場合が多いですが、何かがうまくいっていないサインの場合もありえますので、どう対応していくかは、カウンセラーに納得いくまでご相談ください。

ただし、体調や精神状態が著しく悪くなった場合は、可能な範囲で緊急対応をいたしますので、電話等でご相談ください。
緊急時の対応は後日のお支払いで対応いたします。
弊社営業時間外などの場合は医療機関等にご相談されるなどの対処をお願いします。

Zoomカウンセリングでのご注意点

電話カウンセリングの場合、音声のみでのやりとりになるため、通常の対面式カウンセリングの中でカウンセラーがクライアント様の表情や様子などから読みとることのできるさまざまなことが電話カウンセリングでは得られません。 そのためカウンセラーはクライアント様の感情に関わるときなどは特に注意深く節制した態度で行いますし、クライアント様にもある程度言葉でご自身の悩みや心の内を説明していただく必要があります。

カウンセリングというものの性質上、さまざまな感情の動き、変化(悲しくなる、辛くなる、カウンセラーに対して怒りの感情を持つ等)がクライアント様に起こることがあります。 電話ではクライアント様に何か変化があっても、おっしゃっていただかないと電話を通じた微妙な口調の変化などではカウンセラー側にはわからないこともあります。 カウンセラーのメッセージにご不満や反論があったり、不快な気分になられたり、悲しくなったりされた場合は遠慮なくおっしゃってください。

このようなフィードバックはカウンセラーがクライアント様をよりよく理解し、適切なカウンセリングを行うために大変重要です。 くれぐれも遠慮なさらないようお願いたします。

録音等について

「録音に関するお約束」にご同意いただければ、セッションを録音していただくことも可能です。

カウンセリングの終結

カウンセリングをお止めになるのは、理由やタイミングを問わず、クライアント様の自由です。

  • 一般的には、問題が解決した、気にならなくなった、このくらいの感じで当面やっていこうと感じられたときが終結のサインです。
  • 「そろそろ終結したい」とカウンセラーにお伝えいただければ、終結や終結後のことについてカウンセラーの考えをお伝えすることもできます。

Zoomカウンセリングの中断・終結について

1回ずつのお申込になりますので、単発でのご利用も継続的なご利用も可能です。

次のご予約は強制ではありません。 もし再度のご利用をご希望でしたら、後日受付(03-3797-6822)までご連絡いただくか、またはZoom/電話カウンセリングの申込フォームから改めてご予約ください。

Zoomカウンセリングのご予約の変更・キャンセル・遅刻

予約日時にミーティングに参加できない場合は予約日の3日前の18時までにご連絡ください。それ以降やご連絡がない場合は、所定の料金を申し受けます。

受付が不在の場合でも、お申し出の日時を確定するために留守番電話にメッセージをお残しいただくか、メールでご連絡をくださるよう、お願いいたします。

お約束の時刻に遅れて参加された場合、原則としてセッションが短くなってしまいます。お時間に余裕を持ってお越しください。

その他

その他お気づきの点、ご不明な点などございましたら、受付にお問い合わせください。

確認事項

「面接のお約束」の説明を受けました


メールアドレス