カウンセリング

女性と夫婦のためのカウンセリングTOP >  ご予約/料金 >  変更・キャンセル料ー病気時の扱い

病気を理由とする変更・キャンセルのお取り扱い

クライアント様の病気等を理由にする変更・キャンセルにつきましては、規定通りの変更料・キャンセル料を申し受けます。

ただし、学校保健安全法施行規則第19条によって出席停止期間を定められている病気(インフルエンザ等)の場合で以下の条件を全て満たす場合は、変更料・キャンセル料を頂戴しません。

  • り患されたのが、カウンセリングの当事者であること
    • お子様がり患された場合は含みませんが、夫婦カウンセリングのうち1名がり患された場合は含みます
  • 出席停止期間内のご予約を出席停止期間後2か月以内の日程に変更されること
    • とりあえずキャンセルのご連絡のみで、快癒されてから改めて予約されることで構いません
  • 病気にり患したことを疎明できる資料をご提供いただける場合
    • メール等で写真をお送りいただくのでも、後日書面をお見せいただくのでも構いません
    • 診断書でなくても、薬局で提供されるお薬情報提供書等で構いません
    • 資料は確認後破棄します。
  • 診断が出た当日中にご連絡いただけること
    • 診断が出た翌日以降面接時間までのご連絡の場合は、変更料金を半額に減免とさせていただきます
  • 一旦、期限内(1週間以内)にキャンセル料をお支払いいただくこと
    • 再来時の料金から、いただいたキャンセル料を差し引くことで返金します。